モー虫IWGP掲示板Z

3151
なんでも書いてくれ。 虫の話、漫画の話、プロレスの話、世間話、梶原一騎の話、スーパーカーの話、思い出話、なんでもOKじゃあああ。 荒らしと喧嘩はやめてくれ。 感想もあったらここに書いてね。 某掲示板で 「?を教えてください」 「自分で調べろハゲ!!」 「分かんねえから聞いてんだろデブ!」というやりとりがあって、「これは面白い!!」と感動しましたが、ここではやめてね。
名前
件名
メッセージ
画像
メールアドレス
URL
文字色
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

ミドル級トーナメント2018一回戦 ありずか(ケイン・コスリスギ)

2018/10/20 (Sat) 19:22:16

どうも、ありずかです。
秋田は最早ソフトインセクト以外採集できない程までに
寒さが老け込んでしまいました。クサキリも姿を消し
アズマやアライト、オオトビが再出現であるが正直この時期だと
皆相手がいない状態で採集しても持て余し気味になってしまう・・・。
そんな訳で本格的に購入選手に頼るしかない時期になりました。
その為として来年行う企画の要因として久々にニホンザリガニを
招き入れようと考えてます。4年前に買ったニホンザリガニは
その小ささ故小さいカブクワと戦った後2年半普通に飼育で幕引きでしたが
今回は大きめの個体を購入。少しは相手の幅が広まりそうです。
そんなこんなな現状ですが9月に撮影したミドル級トーナメントを
今回やっていきたいと思います。今回は採集の不調により残念ながら
オオカマキリ雌やコロギスは参戦できませんでしたが何とか16匹の
面々を集めました。今回は挑戦も込め普段はカマセ要因である
いつも腐るほど採集できるエゾカタビロオサムシなどは不参加にし
9月の秋田で一番数が多いスズメバチのモンスズメやこの時期から
大量発生のジョロウグモ、格を配慮して雄の出場となるタガメ、
リンさんから頂いた絶妙に丁度いいサイズのハラビロカマキリ、
そしてなんと言っても注目は虫王を見ていた頃から手に入れたいと
思い続けていた念願中の念願であるイスラエルゴールデン!
期待以上の子であったこの子の晴れ舞台でもあります。
と言うわけでトーナメント一回戦のカードは
ハラビロカマキリVSジョロウグモ
オニグモVSオニヤンマ
ウスバカミキリVS国産カブト
タガメVSコクワガタ
オオカマキリ雄VSモンスズメバチ女王
イスラエルゴールデンVSエンマコオロギ
ヤブキリVSヘビトンボ
オオスズメバチVSイオウイロハシリグモ
です。強すぎ要因がいない中参戦のオオスズメバチ。
虫王でイスラエルを惨殺した実績を持つこのハチを
止めれる者はいるのか!?オマケ試合は
ジュラルドベリルVSジェラルドベリル
リッキー・キングダムVSグラン・ギンガナム
とヘビー級カブクワ揃いです。新アチェ要因と旧アチェ要因の激突、
そして7月における我が家の3強(グラン、リッキー、マンディ)における
二大パワー最強同士の激突であります。
しかしこのグランVSリッキー、見れば分かりますが結末が
あまりにも悔しい代物でありました。名勝負といえる内容
だっただけに最後まで見届けたかったです。
https://www.youtube.com/watch?v=yfSOVa_DpAk

無差別級三回戦&準決勝 ありずか(ケイン・コスリスギ)

2018/10/13 (Sat) 15:08:40

どうも、ありずかです。
無差別級トーナメントも遂にここまでやって参りました。
タエウス・ギガスに勝てる32匹の猛者が集った中残ったのは
国内最強の国産オオクワガタ
オオクワ・ゲンマ 79mm
ギネスまであと3mmの怪物個体
ラコ・バルファルク
ムシバトル史上最強グランディス
グラン・ギンガナム 92mm
短歯個体界の超新星
アルキ・デデラ 88mm
8代目サスケカブト一族当主
絶鬼丸 84mm
屋台大会優勝の歴代最強パラワン
パラワン・ボレアス 98mm
歴代最大最強マンディ
マンディ・アポロン 112mm
ホームセンター界を背負う雑草魂
セレベ・パワコメリ 94mm
の8匹。そして三回戦は
オオクワ・ゲンマVSラコ・バルファルク
グラン・ギンガナムVSアルキ・デデラ
絶鬼丸VSパラワン・ボレアス
セレベ・パワコメリVSマンディ・アポロン
となります。そして今回はその勝者による
準決勝まで行い大晦日に行う決勝の出場者を決めます。
我が家に置ける年内最大大会、その最終戦に出場するのは!?
オマケ試合もいつだけですが
リッキー・キングダムVSギラファ・ラグナ
の大巨人対決となります。アレウス族にこそ及ばぬものの
歴代ギラファ達の中でもアレウスの名を持った者達に次ぐだけの
実力を持ったラグナ。対する前回マンディに負けたキングダムは
似たような大きさの長者クワガタを相手に雪辱を晴らすことが出来るのか!?
https://www.youtube.com/watch?v=ZLiTITZBu5Y

Re: 無差別級三回戦&準決勝 - ホープ

2018/10/13 (Sat) 15:49:27

3回戦と準決勝も見させてもらいました!

最強グランディスクvsアルキデス
Twitterで見せてもらった時はアルキデスが勝ちましたが今回はどうなるか?
アルキデスはオラオラといった感じで威嚇し誘導棒に噛み付くくらいやる気満々!
ぶつかり合う両者!だがグランディスは圧倒的なスピードと突進力でアルキデスを一気にリング端においやりアルキデスも抵抗してグランディスに噛み付くも、やはりグランディスのパワーの前には力及ばず落とされた!
グランディスリベンジ達成!

ゲンマvsラコダール
ヘラクレス、スマトラオオヒラタという2匹の優勝候補を下して来たゲンマと対するは過去にゲンマとやりあい一度は宙に浮かせたラコダール!リベンジなるか!?
早速組み合う両者!ラコダール奮闘するがゲンマのパワーは底知れず中々持ち上がらない!
しかしラコダールなんとゲンマの真横から挟み込んでそのまま持ち上げリング端に運んで落とす!見事な決め技!正にランニングカッター!リベンジ達成!

絶鬼丸vsパラワン・ボレアス
唯一残ったカブトムシの絶鬼丸、しかし今度の相手は歴代最強のパラワンオオヒラタのボレアス!彼には頑張ってほしい
が、何があったのか逃げ出す絶鬼丸…よく見たらツノが折れてるではないか!ビデオが回る前に一体何があったのか最悪の事態が起きてしまいTKO負け…やはりカブトムシの走行の薄さは致命的ッ…!

マンディブラリスvsセレベス
なんだんかんだでここまでやってきたセレベス、彼も優勝候補を誇っていい実力はありますね…だが相手はヘラクレスを倒したマンディブラリス!
一筋縄ではいかない相手だ!
そんな相手にセレベスは互角の勝負を繰り広げなんとか隙を突きマンディの首を挟んだ!
これは痛い!なんとかマンディも解放されるがいたぶり回される!
…もののマンディ今度はセレベスを持ち上げた!
が、セレベスは着地!マンディブラリスはイナバウアー状態の大ピンチ!背中がついて判定負けになっちゃう!
しかしマンディは訳の分からん一撃でセレベスを吹っ飛ばした!
技名は火事場の馬鹿力
全くだw

Re: Re: 無差別級三回戦&準決勝 - ホープ

2018/10/13 (Sat) 16:16:41

ヘラクレスリッキーvsギラファ・ラグナ
ムシキングの本で両者対立している構図を見たことがあるのでヘラクレスとギラファ はライバルだと思っていた時期がありました
リッキーはギラファを圧倒的なパワーで追い詰める!が、ギラファ はしょっちゅう内歯攻撃を決める!やめて下さい死んでしまいます
なんとかギラファも粘るものの押し出されてしまった!

準決勝
最強グランディスvsラコダール
遂にここまでやって来たラコダールが、今度は最大級の壁最強グランディスが相手だ!ゲンマを倒したそのままの勢いを保ってほしい!
がっぷり4つに組み合う両者!が、グランディスどうした?攻めづらそうに見えるぞ?ラコダールがアゴを斜めに入れているからだ!上手いことロックを決め勝てるかと思っていたら…
ロックが外れたとたんグランディスがブルロックの贈り物!
あっという間にリング端からの場外!惜しい!惜しいぞラコダール!だが実に勇気ある戦いだった!

準決勝第2試合
マンディブラリスvsパラワン・ボレアス
怪物対怪物の今大会最大級の目玉じゃないでしょうか!
ヘラクレスを倒したマンディブラリスにコーカサスを秒殺したパラワン!
マンディは一度負けてますからねボレアスに、リベンジなるか!?激しいバトルが繰り広げられる!
非常に気の荒い虫の対決故に迫力がヤバい!片方が技を決めれば片方が持ち上げる!にしてもマンディブラリスはデカイ!パラワンが小さく見えてしまうほど!
この勝負、マンディブラリスがアゴを振り回すとボレアスがよろけているように見えますね
マンディが挟む!パラワンが持ち上げる!しかし着地して持ち上げようとする!激しいバトル!準決勝に相応しい展開だ!
マンディが再びパラワンを持ち上げた!しかしパラワンは着地して再び組み合うが!
マンディが一瞬の隙を突きパラワンをひっくり返した!マンディブラリスリベンジ達成!
お見事!素晴らしい試合だったぞ両者!

次回は
最強グランディスと巨大マンディブラリスの一騎打ち!
どっちが勝ってもおかしくないぞ!
グランディス初優勝なるか!?

Re: 無差別級三回戦&準決勝 ありずか(ケイン・コスリスギ)

2018/10/13 (Sat) 17:02:23

>ホープさん
デデラは組み合った瞬間グランの凄まじい前進能力の前に
少し引き腰になってしまいそのまま土俵際までやられました。
まともに組み合ってしまうと分が悪いようです。
安定感で勝負したゲンマでしたがバルファルクは見事
横を挟むことで安定を崩しそのまま持ち上げて落としました。
ラコの強みは一度持ち上げると急いですぐさま土俵際まで
運んですぐ放すという手際の良さで自分の流れなら逆転を許さないです。
絶鬼丸がジェットアッパーしようとした瞬間内歯で思いっきり
角の先端が折られてしまいました。実はもっと強い弟がいます。
このセレベスは本当は凄い強いんですよ。
それを今回のアポロン戦で見事証明して見せました。
しかしあのフィニッシュは本当に何だったのか(笑
もう火事場の馬鹿力以外何と言えばいいのか思いつきませんでした(笑
キングダムはこの試合で角に複数の穴を受けてしまいそれが
祟ったのか雌との交尾後急死してしまいました。
何というか自分ヘラに関しては妙に早死が多い気がするんです。
ラコの最大の強みは横差しでギンガナムもコレには苦手意識を持ち
思わず足を止めるという状態に至ってました。しかしやはり
素の実力差は明白である程度距離が開いてしまうとグランの速さで
一気に下に潜られてしまい何も出来なくなってしまいます。
マンディVSパラワンはサイズバランス次第では
異種クワガタ対決の中でも屈指の名勝負となる組み合わせです。
今回はどちらも歴代最強個体なだけに見事な試合になってくれました。
このマンディは本当に凄玉でボレアスを相手に見事立ち回ってました。
次回ですが決勝戦は上に書いてるように大晦日企画の試合の一つなので
次回は行わないです。次回からは異種格闘技のミドル級トナメになります。

無差別級二回戦 ありずか(ケイン・コスリスギ)

2018/10/06 (Sat) 20:02:58

どうも、ありずかです。
秋も深まり黄昏の季節になってきましたな。
今年ゲットしたオオカマ達も皆産卵を終えて静かに亡くなり
カブクワ達も夏を盛り上げた面々がどんどん死にました。
主な落ちた選手はセレベ・パワコメリやアルキ・デデラなど
それぞれの種の歴代最強だった男達や複数のコーカサス達、
そしてサスケ一族も現在成虫は皆寿命で死にました。
一方男鹿でスナガニの存在に気付いたりそろそろチビガザミ達が
磯に現れ始めるシーズンなど地味に海が盛り上がるシーズンでもあり。
そんな黄昏の季節ですが夏に撮影した今回のトーナメントは
今回も熱くやっていきます。タエウス・ギガスに勝てることを
条件にした面々も半分減りこの時点で既にかなりの強者ばかりが
残った状態となりました。そんな二回戦のカードは
Aブロック
ヘラクレックスVSオオクワ・ゲンマ
ラコ・バルファルクVSモーレン・メイデン
アルキ・デデラVSグレンゼブルCS
グラン・ギンガナムVSグラン・ミラオスCS
Bブロック
絶鬼丸VSシン・ゲンマ
パラワン・ボレアスVSジュラルドベリル
ギラファ・ラグナVSセレベ・パワコメリ
マンディ・アポロンVSリッキー・キングダム
となります。今回は二回戦動画が長期戦や激戦内容が
多かったのでオマケ試合無しトナメ試合のみでやっていきます。
生涯現役を貫いたオオクワ・ゲンマ。二回戦で待ち受けるのは
140mmを越えるヘラヘラ!最強ジジイはこの巨漢にどう挑む!?
旧ムシキング二期における二大新強さ160のラコVSモーレン!
チームトナメで苦汁を飲んだギンガナム。ミラオスにリベンジなるか!?
そしてメインを張るのはアポロンVSリッキーの大巨人対決!
旧ムシキング二期の強さ200対決、果たして勝つのは!?
https://www.youtube.com/watch?v=MItt0mqX0wo

Re: 無差別級二回戦 - ホープ

2018/10/13 (Sat) 12:59:59

2回戦見させてもらいました

ゲンマvsヘラクレックス
まさかのゲンマがヘラクレスを放り投げ秒殺…
自分もオオクワvsヘラクレスやったことあるんですがヘラクレスのパワーに負けているんですよね
そう思うとゲンマは特別な個体だ…

モーレンvsラコダール
圧倒的な巨漢モーレンにラコダールは立ち向かう!一旦持ち上がるが頭に食らいつきモーレンを転倒!
次の相手は生きるまろうじんゲンマ!前回のリベンジなるか!?

アルキデスvsグレンゼブルCS
スマトラオオヒラタを軽く倒したアルキデス次はコーカサスを相手にする!が、朝飯前のようにひっくり返す!
アルキデスやはり強い…

最強グランディスvsグラン・ミラオスCS
前回大会うっちゃりされて負けたグランディス今度はそんなヘマを姉妹とコーカサスを終始圧倒!足の根元を挟み最後は押し出した!

絶鬼丸vsシンゲンマ
アクティオンを下した絶鬼丸次はシンゲンマが相手!
が、またまた秒殺!心配する間もなく倒してしまった!
凄いぞこのカブトムシは!

パラワンボレアスvsジュラルドベリル
前回の勝負ではベリルに負けたボレアス、リベンジの為に奮闘!早速ベリルを持ち上げる!しかし着地され攻められる!が、ボレアスは体が元に戻ろうとする力を利用してベリルを弾き飛ばす!
ヤベーイ!

ヘラクレスリッキーvsマンディブラリス
世界最強のヘラクレスとギネス級マンディの戦い!
マンディはヘラクレスとの戦いは苦手と思いきや、まさか初っ端からリッキーを持ち上げる!
強い強い!互角の勝負を繰り広げる両者!最後はマンディブラリスのうっちゃりでリッキーを下す!

なんと2匹のヘラクレスが2回戦で負けてしまった!
なんという波乱の展開!

次回は
ゲンマvsラコダール
アルキデスvsグランディス
絶鬼丸vsパラワンボレアス
セレベスvsマンディブラリス

一番気になるのは絶鬼丸vsパラワンボレアス
絶鬼丸はこの怪物相手にどう戦うか!?
血生臭い結末にはなって欲しくない!

Re: 無差別級二回戦 ありずか(ケイン・コスリスギ)

2018/10/13 (Sat) 14:40:09

>ホープさん
ゲンマの真価は巨体に対する動きの速さですがパワーも
並の80mmクラスオオクワの比ではないものがありますね。
しかしまさかヘラクレスをこんな豪快にぶん投げるだなんて
自分も思わなかったので度肝を抜かれました。
ラコは持ち上げられた後上手いこと側面にスライドしたおかげで
横から押し上げてゴロンと転倒させる形になりました。
デデラのパワーは普通に並のコーカサスを超越していますね。
そしてミラオスを倒したギンガナム。ツイッターの動画では
逆転からの逆転でデデラが勝ったが今度はどうなるか。
シンはモロガッチリ角を挟んでしまったのが命取りでした。
この頃からボレアスは対ジュラルド戦を学び始めました。
マンディのギネスは118mmなんでギネス級には
これでもまだ程遠いですがこのサイズにもなるとマンディも
上から140mm級ヘラをぶっこ抜けるだけのパワーがあります。
このマンディも上手いことヘラと戦うもので特に側面攻防では
ギラファと同じく側面と表面の角度差を利用したうっちゃりを得意とします。
次回はバルファルクとゲンマ、デデラとギンガナムの因縁のリマッチ、
国産カブト破壊の象徴への挑戦
ホームセンター魂VSネットショップからの怪物
となります。次回は準決勝まで行うので決勝戦カードも判明します。

2018最強無差別級トーナメント一回戦 ありずか(ケイン・コスリスギ)

2018/09/29 (Sat) 21:42:53

遂にこの時がやって参りました。
我が家のトーナメントにおいて最も盛大にして最も重要な企画である
年内最後のカブクワ無差別級トーナメントの開幕であります。
決勝戦を大晦日企画のメイン試合として行うという我が家において
最も名誉ある戦いに出陣する強者を決める男の戦いが今年も開幕です。
そして今回のトーナメントエントリーにはある条件を付けました。
それは「戦意喪失でない形でタエウス・ギガスに勝つ」というもの。
ずばりタエウス・ギガスが基底となる全員強者ばかりの状態です。
試験担当をしたギガス、本当にお疲れ様(汗
今回はまず一回戦。組み合わせは
ヘラク・レックスVSインター・ネルガル
ジョラルドベリルVSオオクワ・ゲンマ
グレンゼブルCSVSセアカ・ガネルジャ
アルキ・デデラVSジェラルドベリル
モーレン・メイデンVSアトラス・ガズロ
ラコ・バルファルクVSリノケロ・ドラコ
ショウ・ゲンマVSグラン・ミラオスCS
マリン・ドグマグラVSグラン・ギンガナム
マンディ・アポロンVSセアカ・カリギュラ
ベルセルクCSVSリッキー・キングダム
スマトラ・ルイスVSギラファ・ラグナ
セレベ・パワコメリVSダイオウ・ゲラル
シン・ゲンマVSギラファ・ログト
絶鬼丸VSアクティトルム
パラワン・ボレアスVSティガレックスCS
ジュラルドベリルVSアラバスタCS
です。計32匹による16試合ですがエントリーのうち
5匹がコーカサス、4匹がスマトラアチェという事態に(汗
そして以前報告したとおり遂に4年の選手人生に幕を下ろす形で
死亡したオオクワ・ゲンマの大会系における最後の出番です。
この時のゲンマはまるで衰えを感じさせぬ超絶好調状態の
コンディション。果たして彼の力はインフレな今年に通用するのか!?

Re: 2018最強無差別級トーナメント一回戦 ありずか(ケイン・コスリスギ)

2018/09/29 (Sat) 21:57:31

選手紹介
グレンゼブルCS、アラバスタCS、ティガレックスCS
今回のトーナメントに登場する110mm台のコーカサス達。
前者2匹は1000円のカブクワ釣りにおいて釣り上げてきた
お買い得だった個体。ただその商品故か符節が少し飛んでいる。
どちらもその状態故このトーナメントのみでの登場。
ティガレックスCSは射的で手に入れた更にお買い得なコーカサスで
こちらは何試合かトナメ以外の試合も撮影するなど他2匹より出番が
あったがこのトナメ未登場の四代目アレウスに角をへし折られ引退に(汗
スマトラ・ルイス
ギンガナムが屋台でのトーナメントで優勝した事で手に入れた
景品としてのスマトラ。しかしスマトラが多い故トナメ後友人にあげた。
ギラファ・ログト
四代目アレウスになる事を目論み買ったでかギラファ。
しかし何だか今一な感じの上に突然死によりすぐ死んでしまう事態。
彼の死により今度こそアレウスにの思いで買ったギラファが見事
四代目アレウス襲名の個体であり間接的に彼が四代目を招いてくれた。
アクティトルム
そこまで大きくないアクティオン。サイゴウやオーディンと言った
過去のアクティオン達と比べると前進能力が今一な感じ。
絶鬼丸
今年のサスケ一族の1匹。もっと強い弟がいるが当時はまだ弟が
後食していなかった為弟が現れるまで最強個体だった彼がトナメに出陣。
https://www.youtube.com/watch?v=FxKPQJQTaYU

Re: Re: 2018最強無差別級トーナメント一回戦 - ホープ

2018/10/13 (Sat) 12:13:50

今頃ですが見させてもらいました

レックスvsインター
やはりというかヘラクレスのパワーの前にはツヤクワガタでは力不足だったか………

ゲンマvsベリル
流石ゲンマ強い!自分より大きいスマトラオオヒラタを秒殺!

噂の最強アルキデスvsベリル
アルキデスはヘタレのイメージがありますがこのアルキデスは凄い!
終始スマトラを弄び最後は払いのけた!

アトラス vsモーレン
これは期待していたバトル!モーレンが突進をお見舞いするが、アトラス 払いのけモーレンをリング端に…が、即逃げるアトラス …

ラコダールvsリノケロス
ヒラタキラーの実績を持つラコダール、いきなり挟まれるが転倒!判定勝ち
ヒラタと当たることを祈るばかり

グランCS vs ショウゲンマ
流石ゲンマの孫!コーカサス相手にも果敢に攻める!
が、まだまだパワーが足りてないか決め手に欠け最後はグランCSの気迫に負けた…
これからの成長次第ですね彼は

最強グランディスvsマリンドグラ
今大会優勝候補のグランディス、マリンドグラに襲いかかり終始ワンサイドゲーム!
やはり強いなグランディスは!

Re: Re: Re: 2018最強無差別級トーナメント一回戦 - ホープ

2018/10/13 (Sat) 12:37:39

Bブロック
マンディブラリスvsセアカ
110ミリ超えマンディは強いですな セアカを赤子の手を捻るように。

ダイオウvsセレベス
この試合が面白かった!
ダイオウに持ち上げられピンチに陥るもまさかのセレベスうっちゃり!
ダイオウと共に落ちる!短くも素晴らしい試合だった!

シンゲンマvsギラファログト
いきなり頭を挟まれるが、隙をつき下から挟み込んで落とした!
ゲンマ一族は戦うのが上手いですな!

絶鬼丸vsアクティオンゾウカブト
カブトムシとゾウカブトの対決は一度は見て見たかった組み合わせ!
しかしこのカブトムシは80ミリオーバーということもあってか強い!
重量級アクティオンにツノを差し込みひっくり返した!
だが次の相手はゲンマ!気をつけないとヤバい…

パラワンボレアスvsティガレックスCS
歴代最高パラワンというボレアス、コーカサス相手にどう戦うか
と思いきやあっという間に掬い上げ!
コーカサス相手にこんなことしちゃうあたりまさに最強ですね…

パラワン・ボレアス6番勝負 ありずか(ケイン・コスリスギ)

2018/09/23 (Sun) 08:47:47

どうも、ありずかです。
今回は今までチームトナメにライト級トナメとトナメ企画が
続いていたので一つ普通のバトル系として今回をやっていきます。
今回は我が家の歴代パラワンの中で最強の座を獲得した
ふるさと村からの最強の刺客、パラワン・ボレアスのデビュー
6番勝負をやっていきます。お盆においてる表世界において
大暴れを遂げたこの男に立ちはだかる6匹の男達は。
一本目
ラコ・バルファルク 87mm
二本目
マンディ・アポロン 112mm
三本目
ジュラルドベリル 95mm
四本目
グラン・ミラオスCS 120mm
五本目
四代目ギラファ・アレウス 114mm
六本目
グラン・ギンガナム 92mm
であります。バルファルク以外我が家における頂点を競う
覇権争いの第一線で活躍する我が家最強格達であります。
ふるさと村から来た最強ルーキー怒濤の覇権争い入りです。
そしてオマケは
イスラエルゴールデンデビュー戦 VS巨大ジグモ24mm
ノコギリクワガタ62mmVSグラントシロカブト73mm
となります。ツイッターで頻繁に近状報告を告げてる我が家の
ミドル級のホープにしてアイドルであるイスゴー待望のデビューです。

Re: パラワン・ボレアス6番勝負 ありずか(ケイン・コスリスギ)

2018/09/23 (Sun) 09:06:31

選手紹介
輝ける聖戦将軍
イスラエルゴールデン 57mm
今までずっと欲しくて仕方がなかった大本命サソリ降臨。
虫王、虫皇帝のレギュラー陣の一匹であり大きすぎず小さすぎず
まさに日本の虫達と戦うに相応しいスーパーベストサイズです。
その小ささ故本家ではカマセ役だったが戦意といい勝つときの
激しい戦い方と言い前々からサイズの割に素質があるのではないかと
目を光らせていましたが我ながらその目付は正しかった。
今まで手にしたチャグロやヤエヤマと比較しても遙か上を行く
凄まじい凶暴性。鋏を盾に矛にと動かし方により巧みに使い分ける
高いテクニック、奥の手として使う毒針とミドル級に華降臨です。

白銀の大陸将軍
グラントシロカブト 73mm
ふるさと村で高値で購入したはいいが当初は全く戦わずいつしか
符節が2本ほど死ぬ状態になっていた彼。だがそんな晩年になって
まさかの超闘争心の覚醒を遂げる自体に。この階級は相手が少ない故
相手のバリエーションは限られますがグラントの真価を見せてくれます。

凍てつく漆黒心
パラワン・ボレアス 98mm
一番小さくても96mm、一番デカイので106mmの状態の
12匹ものふるさと村で売られてたパラワン達を12匹全部現地で
バトル選抜を行いその中から自身より8mmもの巨体を誇る
106mmの同族に勝利し購入した正真正銘のエリートパラワン。
その実力を見込み購入から翌日に開催されていたお盆の屋台祭りでの
地元大会に100mm級で出場。90後半のアチェばかりの中
全選手を7秒以内で打ち破り堂々優勝という快挙を成し遂げました。
その肩書きを胸に我が家の覇権争いに鳴り物入りで参戦!
しかしやってみてわかったがどうもこのパラワン、ドルクスには
真価を発揮するが非ドルクス戦があまり慣れていない感じが伺える。
また我が家のドルクスも実は同じ大会の90mm級に参戦し
全選手5秒未満で撃破しヘビー級優勝のヘラヘラ155mmとの
スペシャルマッチも制して会場を沸かせたグラン・ギンガナムや
彼を相手にまともに張り合える覚醒したジュラルドベリルなどが
いる為全然強すぎ問題にならないという状態になってます。
改めて今年の我が家のインフレ具合凄いなあと思わされました(汗

黒き摩天楼要塞
四代目ギラファ・アレウス 114mm
前の無差別級で優勝した三代目の跡を継ぐ四代目アレウス当主。
実はそれまで2匹もの110越えギラファを当主候補に招いたが
2匹とも今一感があり悩んでいた。そんな中今月に購入した
三度目の正直である彼が相当の実力者で当主の座を獲得しました。
特に凄いのはパワーで146mmのヘラを相手に正面から張り合えるほど。
なおその時系列から最近来た選手の為今回の試合では最も後から
撮影したもので次回から行う無差別級には出場してません。
そして編集ミスにより114mmでなく14mmになってました(汗

ちなみにグラン・ミラオスCS戦で一度指を出しますが皮に爪が
あまりにぶっささりすぎて全く抜けず符節が千切れる恐れがあった為
思わずヤバイと手を出してしまいましたが完全に妨害になってました。
申し訳ございません(汗
https://www.youtube.com/watch?v=b6oVV9Q_xl4

無題 ありずか(ケイン・コスリスギ)

2018/09/17 (Mon) 11:58:22

どうも、ありずかです。
今回は前回行ったライト級トーナメントの続きをやっていきます。
前回の戦いで16匹の中から生き残った8匹の猛者達による二回戦は
カバキコマチグモVSクロオオアリ
オオトビサシガメVSオオゴミムシ
ジグモVSクサグモ
ナガヒョウタンゴミムシVSミヤマハンミョウ
そして準決勝は上の組み合わせで勝った4匹で行います。
大晦日に決勝を行うという晴れ舞台、そこにたどり着く2匹は!?
なおカバキVSクロオオ戦がピンボケになってしまいました。
すみません(汗
オマケ試合は
巨大オオスズメバチ女王VS巨大コクワガタ
です。対クワガタが本領発揮である巨大オオスズメバチ。
今回はその真骨頂を魅せる試合となります。
https://www.youtube.com/watch?v=L7WXgkRLn9U

Re: 無題 - クワ万歳厨

2018/09/22 (Sat) 22:42:54

楽しませていただきました

カバコマは圧倒的攻撃力とそに反比例した撃たれ弱さ
のリスキータイプ
今回は悪い方が出て、クロオオアリの猛攻に轟沈

優勝候補同士の激突は秒殺に終わった前回とは逆に死闘に
足に咬みつき中々オオトビの有効打を封じる大ゴミムシ
しかしセカンドCONTACTで顔面に口吻が!
これには耐えきれず、オオゴミ千鳥足

一撃必殺のクサグモですがジグモの威圧感にナーバスに

ナガヒョウタンは梃子摺りこそしたもののミヤマハンミョウを得意の足殺しで削り切り完勝!

オオスズメ女王はコクワを負いか掛け回し完全に飲み込む!
位置取りがウマいですね

まさかのベスト4進出を果たしたクロオオアリですが、相手が悪かった
優勝候補大本命には流石に手も足も出ず

ジグモの一撃が決まり悶絶したかに見えたナガヒョウタン
しかしこれは逆に闘争心にスイッチが入った合図だった
咬みつき振り回す、粘る強い敢闘精神を誇るジグモの心を圧し折った

今回もありがとうございます

Re: 無題 ありずか(ケイン・コスリスギ)

2018/09/23 (Sun) 07:07:14

>クワ万歳厨さん
カバキは一度でも負傷すると心が折れかけになってしまいます。
そうなったら最後凶暴なクロオオアリの思うがままでありました。
またクロオオの構造はカバキの牙が入りにくいようにも感じます。
オオゴミは一度噛み付くと離さない傾向があります。
これが上手いこと首に噛み付けばよかったのですが今回は脚に
噛み付いてしまったおかげでオオトビが刺すまでの時間稼ぎを
作ることになってしまいました。
クサグモは何かとジグモが苦手ですね。
この凶暴性の前に心が飲まれる傾向が本当に強いです。
ナガヒョウタンとハンミョウ系は激しい試合になりますな。
しかしハンミョウの顎ではナガの装甲は絶対突破出来ない為
粘りながらも脚をやられる展開になりがちです。
このオオスズメ女王は対クワガタ戦が本当に凄いです。
その能力から大晦日企画の試合の一つに抜擢されました。
オオゴミ戦で結構ボロボロになったオオトビでしたが
それでもクロオオ相手に流石に星は落としませんでした。
一度ジグモの攻撃で明らかに悶絶したのですが致命傷には
至らず逆鱗に触れ今まで以上の凶暴性を露わにしてました。
ジグモは実は1発1発強力な攻撃よりもこのように
何発か何発かで脚をどんどん潰されていくような攻撃が
精神に効くようでこの試合後もこの個体は生きていたのですが
完全に戦意を潰されウズキコモリにも逃げる状態でした。

第十二回ライト級トーナメント一回戦 ありずか(ケイン・コスリスギ)

2018/09/10 (Mon) 18:56:48

どうも、ありずかです。
近状としては9月到来によりミドル級トーナメントの面子揃えに
力を注いでおります。オニグモにイオウイロ、ヤブキリ、タガメ、
ウスバカミキリと色々な面子が来る中明日ヤフオクで落とした海外
からの勢力であるチャイナムカデとイスラエルゴールデンが我が家に降臨。
ミドル級トーナメントは今までにないバリエーションになりそうです。
そんなこんなですが今回はライト級トーナメントをやっていきます。
カードは
オオハエトリVSカバキコマチグモ
クロオオアリVSクロヤマアリ女王
オオゴミムシVSオニグモ幼体
アキタヤチグモVオオトビサシガメ
ジグモVSヒゲジロハサミムシ
アライトコモリグモVSクサグモ
ナガヒョウタンゴミムシVSシモフリヤチグモ
ミヤマハンミョウVSアズマヤチグモ
となります。時期の関係でレギュラー陣の一角セスジアカムカデや
去年優勝したカラカニグモなどは残念ながら入手できませんでした。
また前回登場したヤエヤマサソリも負傷で戦意を失った為参戦せずです。
しかしそれでも面子を揃えました。このトナメの決勝は
大晦日企画の試合の一つとして年末の晴れ舞台となります。
その大舞台を目指す戦いの一回戦を今回始めます。
オマケ試合は
ギラファ・アレウスVSシン・ゲンマ
です。父が最後まで勝てなかったアレウス家を打倒できるのか!?
https://www.youtube.com/watch?v=vDfKO3KYToE

Re: 第十二回ライト級トーナメント一回戦 - ベクタ-k

2018/09/11 (Tue) 22:46:46

他の趣味に浮気していたので書き込みそびれてましたが毎度楽しませていただいております

そして中量級GPにイスゴー参戦!日本の昆虫勢がサソリ相手にどのように戦かうのか楽しみ!!

さて待ってましたソフト軽量級、その前に重戦車の熱い幕開け!
近接戦ではシンがアレウスを引き剥がすが一度距離を置かれるとアレウスが親の敵のような猛烈なラッシュで
シンのメンタルをズタズタに引き裂いた!!

戦慄な火蓋を切ったカバキ、掠っただけでオオハエトリを開幕10割
色々な蜘蛛に指を咬ませてますがこいつには絶対に噛まれたくないですね

クロオオアリの兵はやはり強し
この獰猛さを観るとや女王より強い印象を受けますね

格の違いを見せたオオトビ、今年こそ雪辱を晴らせるか!?

もう一体の大本命、オオゴミもオニグモベビーに梃子摺りつつも
最後は真正面からの噛み合いに打ち勝つ!

ハサミムシは小さくとも装甲は丈夫、だが破壊力のある牙のジグモにとっては造作でもなかったか

クサグモの絶望的なサイズ差に加え強力な毒性にアライトは無念のノックダウン
クサグモも大型のやつはハシリグモに負けじと何気にデカいんですよね~

ナガヒョウタンの徹甲榴弾並の甲皮はシモフリの攻撃を一切受け付けず
そしてライトGPお馴染みのアズマもハンミョウの牙に散る
やはり徘徊性の蜘蛛にとって甲虫の壁は高い

次回も楽しみです

Re: 第十二回ライト級トーナメント一回戦 ありずか(ケイン・コスリスギ)

2018/09/13 (Thu) 19:28:59

>ベクタ-kさん
イスゴーは素晴らしいサソリで買ったかいがありました。
父が最後まで勝てなかった相手に息子も飲み込まれてしまいました。
カバキはアカンです。噛まれると幻覚が見えるレベルに体調崩れます。
女王より強いかと言われると微妙なラインですね。
というのも対ヤチグモや対アライト、対ハサミムシでは女王の方が
兵隊アリより明らかに強いんですよ。兵ではヤチグモには勝てないです。
決して弱くないアキタですが相手が最悪でありました・・・。
流石のオニグモもこのサイズではオオゴミの装甲は分が悪いです。
奇しくも前トナメと同じくオオトビVSオオゴミとなりました。
普通のハサミムシなら耐えてからの反撃でジグモ相手に有利ですが
ヒゲジロは普通のハサミムシよりも装甲が脆くそれが響きました。
前回優勝者のアライトですがクサグモの猛毒の餌食に。
噛まれた直後に動かなくなるなど即効性ではカバキ以上です。
でかいですよねクサグモ。しかし今年は人生最大の怪物サイズの
イオウイロを採集した事でハシリグモ並とは思えなくなりました。
やはりヤチグモでも甲虫は厳しいです。
シモフリはかつてミヤマハンミョウに上手いこと首を隙間を
噛んで勝利した事がありましたが今回アズマはそうはいきませんでした。

無題 ありずか(ケイン・コスリスギ)

2018/09/01 (Sat) 21:25:39

どうも、ありずかです。
最近妙に寒かったり雨ばっかりでまともに採集に出れずに
本当につらいです。ようやくソフトインセクトの季節になった
だけに本当に虫達が恋しいです・・・。
そんなこんなですがチーム戦トナメの決着戦を貼りたいと思います。
ホームセンターズ、アジアンメジャーズ、親子三代、ベリル3兄弟を
打ち破ってきた4チームの強豪達。その戦いとなります。カードは
準決勝
イケメンモンスターズ
ラコ・バルファルク
インター・ネルガル
リッキー・キングダム
VS
暗黒肉弾魔神
タエウス・ギガス
ルキ・デデラ
グラン・ギンガナム

カルコソマ御三家
モーレン・メイデン
アトラス・ガズロ
グラン・ミラオスCS
VS
ザ・摩天楼
リノケロ・ドラコ
ギラファ・ラグナ
マンディ・アポロン

決勝戦 両方での勝利チーム同士の戦い
となります。今回はオマケ試合は無く全て企画試合です。
果たして優勝するチームはどの3匹なのか!?
https://www.youtube.com/watch?v=KfkAQbhXIRo

3匹チーム団体トーナメント一回戦後半 ありずか(ケイン・コスリスギ)

2018/08/23 (Thu) 19:13:15

どうも、ありずかです。
今日の秋田は温度計で39度以上を記録する恐ろしい熱さでした・・・。
あまりにも暑すぎてカブトムシが複数木の下で皆死にたてで死んでる
という恐ろしい光景も目の当たりにし死ぬかと思いました(汗
そんなこんなですがチーム戦トーナメントの一回戦後半を
やっていきたいと思います。今回の組み合わせは
親子三代
ショウ・ゲンマ
シン・ゲンマ
オオクワ・ゲンマ
VS
カルコソマ御三家
モーレン・メイデン
アトラス・ガズロ
グラン・ミラオスCS

ザ・摩天楼
リノケロ・ドラコ
ギラファ・ラグナ
マンディ・アポロン
VS
ベリル三兄弟(全員アチェ)
ジョラルドベリル
ジェラルドベリル
ジュラルドベリル
です。オマケ試合は
タエウス・ギガスVSグラン・ギンガナム
ギラファ・アレウスVSリッキー・キングダム
ギガスVSギンガナムは前回の先鋒戦における不甲斐ない敗北により
大将による制裁という形です(笑 一応ギネス級同士対決ですが。
そして前回大将戦で恐ろしい強さを見せたキングダム相手に
前回二番勝負を制した歴代最強ギラファのアレウスが怪獣対決に挑む!

Re: 3匹チーム団体トーナメント一回戦後半 ありずか(ケイン・コスリスギ)

2018/08/23 (Thu) 19:27:51

新選手紹介
ボルネオの破壊神
モーレン・メイデン 91mm
遂にモー虫掲示板初上陸となったモーレンカンプオオカブト。
しかしサイズから長角と睨んだのにやってきたのはまさかの短角。
こんな事ならこれを注文した後に発見した95UPで更に安い
ヤフオクの即決個体を買えば良かったと後悔するハメに(汗
しかしこやつとんでもなく凶暴で尚かつ半端な苦強い。
特に凄いのが脚の長さで同体長の短角コーカサスを遙かに上回り
その分粘り力が半端ない。アトラス、コーカサスを超越するレベルの
暑さへの弱さで出番が少なかった彼ですが今トナメは全盛期状態です。
東南の怪恐竜
アトラス・ガズロ 100mm
遂に大台100mmに達したアトラスでフォルムが最早コーカサスに
近くなっている凄い立派な個体。そしてその強さは下手なコーカサスを
超越しておりケイジと同等或いはそれ以上の歴代最強級アトラス。
だがこの個体はある日突然精神的に弱くなってしまい晩年はスランプに。
荒ぶる魔竜
リノケロ・ドラコ 100mm
同じく100mmの大台に入ったリノケロス。
だがアレウスやアポロンの大きさに見慣れたせいで妙に小さく感じる(汗
能力的にも去年いたガルーダにはとうに及ばずただでかいリノケロス。
彷徨う黒摩天楼
ギラファ・ラグナ
我が家においてアレウスは110mmを越える上で強いギラファに
与えられる称号。その為「なんか足りない」彼は別の名前になりました。
一応アレウスの後釜なのだがアレウスには大分劣る感のあるデカギラファ。
東南の黒兵
ジョラルドベリル 88mm
専門店からやってきたアチェ。実力的には他のベリルにかなり劣るが
先鋒担当としてはかなり絶妙にいい感じなので先鋒に抜擢。
南海の巨漢将
ジュラルドベリル 95mm
選抜で数多の同種や100mmパラワンを倒して購入枠を勝ち抜いたアチェ。
それだけにそれまでのスマトラ代表のジェラルドより少し太く大きい。
我が家に来た当初はジェラルドやギンガナムにはまるで歯が立たず
今年の我が家のレベルの高さを実感したがお盆になってから覚醒をとげ
現在ではジェラルドを越えて歴代最強スマトラの座を奪い去った。
今回は覚醒前だがそれでも並の100mmパラワン5匹を連戦で
蹴散らしてしまった為十二分に強い。しかし覚醒後もアポロンとは互角。
https://www.youtube.com/watch?v=UpVY-8BJ9iQ

3匹チーム団体トーナメント ありずか(ケイン・コスリスギ)

2018/08/17 (Fri) 19:46:36

どうも、ありずかです。
今回からツイッターで予告していた3匹1チームによる
団体戦トーナメントをやっていきたいと思います。
それぞれ先鋒、中堅、大将を務める者同士が激突し
2勝以上したチームが勝利し勝ち上がるというルールで
全8チーム、計24匹による戦いが繰り広げられます。
今回はそのうちの4チーム分の試合をやっていきます。
今回登場するチームは
ホームセンターズ
ベンホーマックール(ベンクール)
サンデースマトラ
セレベ・パワコメリ
VS
イケメンモンスターズ
ラコ・バルファルク
インター・ネルガル
リッキー・キングダム

暗黒肉弾魔神
タエウス・ギガス
アルキ・デデラ
グラン・ギンガナム
VS
アジアンメジャーズ
パラワン・コンラ
ダイオウ・ゲラル
セアカ・ガネルジャ

となります。第一試合にはオマケとして
ギラファ・アレウスVSセアカ・カリギュラ
も貼りたいと思います。まずAブロックとなる
この組み合わせで二回戦に進出するチームは。

Re: 3匹チーム団体トーナメント ありずか(ケイン・コスリスギ)

2018/08/17 (Fri) 19:55:59

新選手紹介
気高き雑草魂
セレベ・パワコメリ 94mm
その名の通りホームセンターパワーコメリで購入したセレベス。
圧倒的パワーをモロに食らうと心が折れる事があるがその素質は
歴代セレベス達の中でも間違いなく最強レベルのものがあり精神が
安定している状態ならば歴代最強セレベスの座を欲しいがままにする男。
ホームセンターにはこういうのが潜んでいるから侮れない。
漆黒の万力要塞
アルキ・デデラ 88mm
今年はとにかくアルキを大量に買った。精神力が強い逃げないアルキを
求めて大漁買いし、その殆どがハズレで友人や子供に譲ったり残った子は
死ぬまで面倒を見た。そんな苦労の中ホームセンターサンデーで
出会したのが彼。88mmで若干顎が伸びた微妙に中歯寄りの彼だが
遂にゴーレム以来となる当たりアルキ。と言うより彼はゴーレムを越え
歴代最強アルキの座に着いた。不屈闘志に高い実力、アルキの真価が今目覚める。
猛き紅皇帝
セアカ・ガネルジャ 93mm
こいつを見たとき我が目を疑った。セアカの姿をした別の虫ではないかと。
そう思うほどパッと見ただけでわかった異常なまでの巨大セアカが彼である。
対オオカブトはカエサルやカリギュラにやや劣るが対クワガタにおいては
今まで激戦状態だった歴代セアカ達を差し置いて遂に歴代最強争いに終止符を打った。
そう、彼こそが少なくとも対クワガタにおいては歴代最強セアカである。
だがギネスはこれより5mmもでかいという事実が尚更驚きである。
https://www.youtube.com/watch?v=FK9QGgnchHg

Re: 3匹チーム団体トーナメント - クワ万歳厨

2018/08/21 (Tue) 23:11:18

今回も楽しませていただきました

アレウスのフタマタ殺しが炸裂!
ガリキュラが挟めばその力が自分自身に帰ってくる拷問技…エグエグ~

ペレセウスに最初の突撃を堪えられ、真正面からのパワーファイトに持ち込まれると不味いかな~と思いましたが
いやいやアレウス、パワーでも優勢!
最後はペレセウス、心が折れる音がした

雑草魂全開ホムセン軍団先鉾マックールはいきなり追い詰めるも…今宵も美しき貴公子の背中に敗者の虹がかかる…

スッポンネルガルは離さない!どうやっても離さない!
こうしても離さない!そのまま決着!
てっきり先が交差して離せなくなってるのでは?と思いましたがそうではないようですね

なんとかイケメン軍団に傷を残したいコメリから来た男
ヘラクレス相手に大奮戦するも…やはりイナカモノのわしらが勝てる相手ではなかったっぺ…と…

やっぱりアンテはやさしいのか…身体を浮かされるとあっさりと背中を

三文字怪獣対決はデデラのバキ☆バキ、カタストロフバイス~!
これは効く…

ギンガナムの一撃を受け止め、斜め挿しになると盾に捻り上げ、持ち上げ振り回す最強フタマタガネルジャ
しかし御大将にも意地がある
最後は突進でブッ飛ばし、最強の刺客を退けた!

Re: 3匹チーム団体トーナメント ありずか(ケイン・コスリスギ)

2018/08/22 (Wed) 17:55:50

> クワ万歳厨さん
カリギュラとてガネルジャに次ぐセアカなのですが
歴代最強である三代目アレウスは伊達ではなかったです。
アレウスはパワーでもスマトラ、グラン、マリンをのぞけば
100mm未満のドルクス以上で上の3匹の場合においても
馬鹿力一筋のマリン以外には力負けしない互角のパワーです。
バルファルクは本当に強いです。
実は彼この時点ではまだ実力完全発揮ではなく今後貼る予定の
無差別級トーナメントの途中で完全覚醒を遂げました。
ネルガルは本当にスッポンのようです。
しかし彼の強みは実はこのしつこさだけでありそれ以外は正直
歴代インター達と比べてかなり見劣りする弱枠の分類です。
このセレベス、マンディやギラファのような長者相手には
無茶苦茶強い歴代最強セレベス枠ですが若干精神面に不安があり
相手がまた140越えのリッキーなだけに完全に精神やられました。
しかし一度逃げてもリングに戻すとすぐ戦い始め逃げ癖が
全くつかないのがこのコメリから来た色男の強みでもあったり。
このアンテは図体任せなだけで歴代アンテの中では最弱クラスです。
デデラはゴーレムを越える歴代最強アルキデスで
一度だけギンガナムの心をへし折って逃亡させた事まであります。
ようやく1勝1敗の負けられぬ戦いになった今回の大将戦は
他があまり激しい試合でない分それを補うような試合になりました。
ガネルジャは斜め差しになれば本当に強くどんなクワガタもぶっこ抜きます。
実は現時点でこの2匹の勝率は4対7でガネルジャが大きく上回ってます。
こういった斜め差しが必殺技のクワガタがギンガナムは苦手なようです。
しかし今回は意地で耐えての突進で相性の悪い相手を打ち破りチームを守りました。
次回の4チームはどちらも激しい大将戦なので楽しみにしていて下さい。


Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.